Simply Haiku: A Quarterly Journal of Japanese Short Form Poetry
Contents Archives About Simply Haiku Submissions Search
Winter 2006, vol 4 no 4

RENKU

歌仙 『江戸の春』

       

鐘ひとつ賣れぬ日はなし江戸の春

宝井其角    

月の裏まで霞たなびく

谷地元瑛子    

夢うつつ畑鋤く叔父に覚まされて

ノーマン・ダーリントン    

オムレツふわり匂うキッチン

山元志津香    

大海に風をはらみて帆船行く

坂口明子    

旅人として白シャツを干し

浅沼ハク    

* * * *

 
     

あちこちに光の量子飛び散って

ジョン    

派手な宴会俄かに凋む

ディック    

蛮王と慰め合うか枯れ柳

ティ-トー    

冬の王妃に鶏の骨で授勲

カースティ    

君のため小鉢を魔法の歌鳥に

ディック    

花野が廻る地球が廻る

志津香    

満月の重みに撓む松の枝

走水    

ブナの実を嗅ぐ豚の目と肌

ジョン    

お笑いのブームブームとテレビ局

ハク    

アウシュヴィッツは今も凍れる

明子    

ひそやかに御影の墓に花の散る

カースティ    

御子甦るこの日ハレルヤ 

ジョン    

* * * *

 
     

滝の口刃のような上り鮎

走水    

矢立ての筆を走らす其角

志津香    

驟雨やみ藍深む空キリマンジャロ 

瑛子    

唐黍の穂を帽子に飾り

カースティ    

耕耘機かかしの頭一つ落つ

ティトー    

穴に入るヘビ息止めて見る

瑛子    

蝕明けて丘の一群月に喝采

ティト−    

天に憧れ一歩また一歩

ノーマン    

先師の身とぶらふままに跪き

ハク    

遠い夏の日名を書きし浜

走水    

紅さしてスカボロフェアへヒースの道

ジョン    

お家の絵には煙のカール

カースティ     

* * * *

 
     

餅搗きの杵音軽くタントンタン

明子    

勝った大関取材にはにかむ

瑛子    

春めいて暫く憩う川の土手

ディック    

酒うららかに十五から呑み

ハク    

世をつなぎ提灯ゆれる花の下

明子    

蝶の簪放さぬ愛娘(むすめ)

ジョン    
     

其角三百回文学忌歌仙 『江戸の春』の巻 
起首:平成17年7月16日 満尾:平成18年2月17日
        
捌 湯浅信之/谷地元瑛子
ジョン・カーリー/カースティ・カーコウ


連衆氏名 (アイウエオ順)

浅沼璞 (ハク)
坂口明子 (明子)
谷地元瑛子 (瑛子)
山本志津香 (志津香)
湯浅信之 (走水)

カースティ・カーコウ (カースティ)
ジョン・カーリー (ジョン)
スティーヴン・ギル (ティートー)
ディック・プティット (ディック)
ノーマン・ダーリントン (ノーマン)


Relevant elsewhere in Simply Haiku:
Springtime in Edo (English version)
Contrast and Integration: A reflection on the composition of Springtime in Edo, by John Carley
Audio file of the poem's English text, read by your editor

 

Copyright 2006: Simply Haiku